サイト内検索

 Color Selector(2012.03)
【 開発 】Visual Basic 2010(.NET Framework 4)
【 検証 】Windows XP、Vista、7
【 種別 】フリーウェア

そもそも、WEB用のツールでは無い・・・

すみません、冒頭から・・・当初の利用目的としては、 プログラミングの際にコントロールや文字の色決めに用いるためのツールとして作ったモノで、 「VS」で 実際に色名が付いている色のみがセレクタ上に表示されており(全140色) それら 以外の色の取得はできません。 ただ、筆者の様な素人には、これだけの色があれば、それほど困る状況にはならず、 と、言うか、充分なのです。それを踏まえて、利用が可能であれば、使っていただければと思います。

以下、簡単に説明していきます。 グラフィック関連のアプリケーションに付属するカラーピッカー的なモノにあたるのかもしれませんが、 機能的には全く劣ると思います。出来ることを下記に

  1. カラー名称、および16進数の取得(クリップボードへのコピー)
  2. 複数のカラーパネルを表示し、並べて選択することが可能

本ツールはデフォルトで一番手前に表示されるので、他のウィンドウに隠れることなく作業が行えます。 (ツールボタンで切り替えが可能)淡い色の識別にはリストビューのバックグランドカラーが変更出来ます。 (デフォルトは白、ツールボタンにより、黒、および任意の色指定が可能) 各アクションは、ツールボタンのメニュー、もしくはリストビューを右クリックすることでポップアップメニューから選択、 以降は直前に選択されたアクションがデフォルトの動作となり、 リストビューをダブルクリックするだけで作業を進めることが出来るようになっています。 いたってシンプルですので、少し触ればすぐにわかるほど余分な説明は不要かと想像します。