ついでにSubItemも作ってみる


■ListViewコントロールへItemを追加する際、同時にSubItemも作ってしまう。 かなり、如何でも良いネタであり、既知の方々も居られるとは思いますが、筆者は知らなかったので・・・ 従来は

 Dim objlvi As New ListViewItem("Item")

 objlvi.SubItems.Add("SubItem")
 ListView.Items.Add(objlvi)
それが下記の様に
 ListView.Items.Add("Item").SubItems.Add("SubItem")
と 1本にまとめる事が出来る。上記のコードは何れも同じ結果となるが SubItemが1つだけの時に限る。それ以上の場合やListViewItemに何らかの装飾(フォントやカラー等)を施す場合は、 この限りでは無く、やはりオブジェクトとして宣言しなければならない。

■どんなケースで必要なのか?

ん・・・使途不明ですが、テストコードでListViewを適当に作る時などでしょうか???

TOP ▲